web制作の未来を読め!今後求められることは!?

外見より中身?コンバージョン率が上がらなければ意味がない

現在ホームページは緻密なマーケティング設計に基づいて構築されるものとなってきています。誰でも簡単にハイクオリティなデザインのホームページが作れるようになり、マーケティングに基づかないデザインだけをメインにしたweb製作は、淘汰されていく可能性があるのです。今web製作会社に求められているのは、作成したホームページを実際に運用して、収集したデータを分析し、フィードバックして売り上げアップに繋げるという作業であり、これをPDCA(plan-do-check-act cycle)と呼んでいます。PDCAが出来ないホームページはコンバージョン率の向上に貢献できません。今後web制作会社は、安価な価格でホームページを大量に作るか、PDCAの運用に対応したシステムインテグレーター的な存在になっていくかの二極化が進む可能性があるでしょう。

製作ではなく運営サービスがメインになる可能性

web製作会社は今過渡期にあると言えるでしょう。実際の現場で求められるものはホームページを作ることそのものではなく、運用サービスであり結果を出すことです。どんなにカッコいいデザインのホームページでも、結果が出せなければ意味がないという考えが、一般常識化してきているのです。そのためweb制作会社の中には、ホームページの運営サービスをセールスポイントとする動きが出てきています。すなわちweb制作そのものは無料あるいは低価格で提供し、毎月の運営費を料金として計上しようと言うものです。今後は運用サービスと言う形でコンテンツマネージメントシステム(CMS)を使ってもらうという形態が普及する可能性があるでしょう。

ホームページ制作会社を選ぶ時は、料金やSEO対策などをしているかなども選ぶ基準になります。また、その会社がどのようなホームページを過去に制作しているかも見てみると良いです。