クライアントがついつい頼みたくなる!web制作をスムーズに進める極意とは?

素早い連絡が信頼感を高める

個人でweb制作を行っている人は多いです。資格不要でできるので、フリーランスとして独立しやすい業種といえるでしょう。ただ、web制作業者として食べていくためには、クライアントを継続的に確保することが大事になってきます。では、クライアントから信頼されるためにはどのようにして仕事を行っていく必要があるのでしょうか。
まず、行動の早さ、フットワークの軽さを意識するといいでしょう。たとえば、見積もりを求められた場合、客はほかの業者にも同じように依頼している可能性が高いので、できるだけ早く見積もりを送った方が印象づけられます。また、仕事を受注して打ち合わせを行う場合も、できるだけ早く客と会った方が安心させられるでしょう。

客のレベルに合わせてイメージを聞きだそう

次に求められるのは、クライアントから正確な要望を聞き取る力です。打ち合わせ時に、客からどのようなホームページを希望しているのかちゃんと聞き出さないと、納品後に「こちらのイメージと違う」とクレームをつけられ、やり直しになったり、キャンセルされたりする可能性があります。
客は必ずしもホームページのことについて詳しいとは限らないので、たとえば、いくつかのテンプレートを用意して、求めているイメージに近いものを選んでもらうなど、客のレベルに合わせた聞き取りを行うようにしましょう。
納品後のサポートをどうするか、しっかりと決めておくことも大切です。たとえば、納品後に不具合があった場合、どうするのか、既存のCMSを使って作成する場合、CMS本体のアップデートには対応するのかといったことをちゃんと決めて、契約書に記載しておくといいでしょう。

webサイト構築と言っても、現在では様々な手法・種類があります。昔はHTMLを用いただけのモノが多かったのですが、現在ではシステム言語を利用したCMSなどが主流です。